SSブログ

Flash Develop 3.0.0 Beta インストール方法+trace方法 [Flash]

麦茶がおいしい季節です。
どうも JC です。

Flash Develop の Version 3 Beta が出ていたのでインストールしてみた。

必要なもの

以上。

続いてインストール手順。

  1. MicroSoft .Net Framework をインストール。
    適当に次へをクリックしてれば大丈夫だったはず。
  2. Flex 2 SDK と 日本語パックをインストール。
    ダウンロードしてきた flex_sdk_2.zip を解凍して
    適当に C:\ にコピーする。
    C:\flex_sdk_2\ に flex_sdk_2_jp.zip の中身を解凍する。(上書きしてOK)
  3. Flex Compiler Shell をインストールする。
    flex_compiler_shell_012307.zip を、
    C:\flex_sdk_2\ に解凍する。(上書きしてOK)
  4. FlashDevelop 3.0.0 をインストールする。
    FlashDevelop-3.0.0-Beta2.exe を実行。
    適当に次へをクリックしてインストール。
  5. FlashDevelop3_rev1733.zip を
    C:\Program Files\FlashDevelop\ に解凍(上書きしてOK)
    ※ 上書きする際、FlashDevelop が起動していたら閉じてから行う。

続いてFlex 2 SDK のパスを設定。

  1. FlashDvelop を開いて 「Tools」 -> 「Program Settings...  F10」 をクリック。
  2. 「Plugins...」 をクリック。
  3. 「AS3Context」 をクリックして 右上の 「Settings...」 をクリック。
  4. Flex 2 SDK Location に C:\flex_sdk_2 と入力
    または、カーソルを合わせたときに出てくる「...」ボタンをクリックして設定

さて、以上で完了。
次は 新しくプロジェクトを作ってみよう。

  1. 「Project」 -> 「New Project...」をクリック
  2. 左側の ActionScript 3 - Empty Project を選択して
    下側の Name にプロジェクト名(仮に今回は TestProj とする)。
    Location に プロジェクトの ディレクトリを指定。
  3. 「OK」ボタンをクリック。
  4. 右側に Project と書いてあるパネルが出てきただろうか?
    出てきてない人は、「View」 -> 「Project Manager」 をクリックすると表示される。
  5. 四角い箱のようなのがあって、TestProj(AS3) と書いてあるところを右クリックして、
    「Add」 -> 「New Class...」 をクリック
  6. すると 「Add New Class」 というダイアログが出てくるので
    ファイル名を入力。(Test.as)とする。
  7. Project Manager をダブルクリックしてみると
    Test.as というファイルができていることが確認できる。
  8. Test.as を右クリックして、「Always Compile」 をクリックする。

以上。
さぁ。何か適当に作ってみよう

Test.as

package  {
	
	import flash.display.Sprite;
	import flash.text.TextField;
	
	public class Test extends Sprite {
		// constructor
		public function Test() {
			var textField: TextField = new TextField();
			textField.text = "huga";
			addChild(textField);
		}
	}
	
}

 さて、できたられっつこんぱいる!
ツールメニュー(二段目のメニューのことだと思う。)にある歯車のようなマークをクリックするとコンパイルされる。
または F8 キーでも大丈夫。
Project Manager を見ると SWF ファイルができているだろうか?
SWF ファイルを ダブルクリックすると プレビューできる。

 次は Trace の仕方。

Trace は デバッグの基本。
Flash Develop では以下のような方法で Trace することができる。

import org.flashdevelop.utils.FlashConnect;
FlashConnect.trace("moja");

さて、これを追加して再度コンパイルしてみよう。
次は F5 キーを押してみよう。
そうすると コンパイルして ムービープレビューしてくれる。
FlashDevelop の 下側にある、 Output タブをクリックすると Trace された結果がでる。

ぐはぁ~!!!
めっちゃ便利だぁ~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます